pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.16(Mon)仙台

災害常襲国 日本「道の駅」の果たす役割

開催日
2015.03.16 17:00 - 20:00
言語(同時通訳)
日本語 (英語)

「道の駅」は制度発足から20年以上経ち全国に1040駅にも発展、今や第2ステージに入り「地方創世の拠点」として期待を集めるほど進化を続けています。東日本大震災など災害時には「道の駅」が復旧・支援活動の拠点になり、政府・自治体・地域住民の連携を生み出し、地域防災を機能させる仕組みを備えるまでに成長しました。国連防災世界会議の開催に合わせ、世界に誇るべきこの仕組みを「日本モデル」として、「道の駅」の防災対策の現在の姿と今後に関する課題について、道の駅の持つ機能と可能性を、世界に発信したいと願っております。

テーマ
対象
一般
言語(同時通訳)
日本語 (英語)
予約
http://www.route-press21st.jp
定員
200人
開催団体
特定非営利活動法人 人と道研究会
関連リンク
ルートプレス
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。