pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

大学

アジア太平洋地域の防災・減災の研究・実務者ワークショップ

アジア太平洋地域の若手・中堅の防災研究者・実務者が,各国における防災政策上の課題・研究の最前線につい

日本大学N.国際救助隊 —大学の『知』で社会に貢献できること—

災害が起きたら現地に向かう救助隊という意味よりも、災害復興支援、教育支援、医療福祉支援に貢献できる教

【女性と防災テーマ館】
災害復興時の女性の活躍 ~地域経済再生の視点から~

東日本大震災後の復興過程にて、女性ならではの視点からの起業及び復興への貢献事例が多く見られた。我が国

東北観光の課題と今後の方策

東日本大震災から4年あまりが経過した今、改めて観光の専門家の方々をお招きし、東北観光の課題と今後の方

『生きる力』市民運動化プロジェクト推進のためのシンポジュウム

本プロジェクトでは、“災害と共存して「生きる力」”を高めるための市民運動・啓蒙活動の推進している。本

次世代地域社会における交通システムの提案

東北地域は元々、集落が分散し過疎・高齢化が進行している上に、今回の震災で沿岸地域をはじめとして甚大な

「復興支援インターン」に関するシンポジウム~東日本大震災からの復興に向けた学生・地域・行政の協働について~

復興大学災害ボランティアステーションが運営する「復興支援インターン」に関して、第1部では、「復興支援

地域社会のレジリエンスとキャパシティ・ビルディング-被災地での岩手大学の実践と検証-

岩手大学は、震災直後から緊急対応、地域コミュニティの再生、防災教育・研究、なりわい再建の支援、防災・

災害と人間の安全保障

本フォーラムでは人間の安全保障の観点から災害を考察する。フォーラム第1部の基調講演では国内の被災地か

被災地でのジオパークを考える~大地の災いと恵み~

自然科学教育と防災教育、日常的対策、遠隔地や後世への伝達や伝承の視点で、地域の特性と向き合っての意見

震災と宗教者の役割

東日本大震災における犠牲者の弔い、慰霊祭、被災者を対象とする傾聴活動といった宗教者の活動を踏まえて、

Developing Capacities for Effective Disaster Risk Management in Low-Income OIC Member Countries

OBJECTIVES: The side event aims to explore a numb

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。

科学と実践的防災学〜防災における大学の役割とは〜

近年、学術的研究結果や、最新の科学・技術、情報データを基にした政策立案の必要性が高まっている。特に、

災害看護学教育-世界の動向

看護は災害時に人々の安全保障(人間の生にとってかけがえのない中枢部分を守り、すべての人の自由と可能性

宮城の学術機関が一丸となって取組んだ「復興大学」からの発信-復興に向けて学び活動した、学生からの事例報告-

復興大学は、平成23年度より5ヵ年の文部科学省補助事業としてスタートしました。今まで多くの学生が本事

災害時に力を発揮できるための防災教育のあり方

東日本大震災や阪神・淡路大震災の教訓から、命を守り命を救うためには市民一人一人の防災力の向上が求めら

Partnerships for Effective Disaster Management:
Lessons from Multi-Sectoral Leaders in the U.S. and Japan

Background Damages from natural hazards increase

災害教訓の伝承
〜アーカイブとメモリアルの役割とは〜

東日本大震災をはじめとする国内外の大規模災害において、膨大な記録・教訓が残されている。これらの教

巨大災害に対する保健医療の備え

巨大災害では避難後もこころとからだの健康は大きな被害をうけます。保健・医療の備えを議論します。