pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

仙台市

災害時における市民連携の力
~真如苑救援ボランティアSeRVの活動を通して~

仏教教団を母体とする真如苑救援ボランティアSeRVは結成以来、様々な組織と連携し、被災者に寄り添う支援に取り組んでまいりました。 SeRVの拠点である真如苑の各施設では、非常食等備蓄し、一時避難者の受け入れ、ボランティアセンターとして施設を活用するべく、自治体等と災害協定を結んでいます。以上より、諸団体との連携内容を紹介し、災害時における市民連携の力の有効性を訴えます。

【市民防災世界会議:セッション1】
市民防災世界会議オリエンテーション

世界の災害対応や防災の基礎知識、国連防災世界会議の意義を解説。「市民防災世界会議」の目的や内容を紹介します。

水道減災シンポジウム ~みんなでつなごう命の水~

東日本大震災の経験を踏まえ、地域における相互協力による主体的な応急給水体制づくりなど、市民とともに進

町内会企画大震災から学ぶ災害に強いまちづくりシンポジウム~仙台から始めよう、町内会中心の地域主体の災害対応~

 「自助、共助、公助の調和が築く災害に強い仙台のまちづくりや町内会・コミュニティの力」を、特性が異な

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。

東日本大震災を踏まえた防災・減災に資する農業・農村の強靱化シンポジウム

東日本大震災により、東北地方の太平洋沿岸を中心とする地域農業は壊滅的な打撃を受けたが、地元自治体及び

障害者の視点からのコミュニティ全体で備える防災まちづくりへの提言~ポスト2015インクルーシブ防災

これまでの兵庫行動枠組や各国政府の防災計画・対策において、障害者の視点が十分だったとは言えず、東日本

2015下水道防災シンポジウムin仙台

下水道に関わる防災・減災をテーマとしたシンポジウムを開催する。震災の経験と教訓を世界と共有するととも

セカイと学ぼう。市民のための防災会議へ!
市民防災世界会議 メインイベント

4日間にわたる「市民防災世界会議」の集大成。国際ゲストによる対談、メインシンポジウム、東北各地のパフォーマンスなど盛りだくさんの内容です。お楽しみに!

新たな防災教育フォーラム

市立学校が東日本大震災の経験や教訓を踏まえ,保護者・地域住民・関係機関等と連携しながら取り組んできた

人々と生活、津波に負けない建物とまち
~建築物を活用した津波減災対策を考える~

まず命を守ること、次に自分の家が瓦礫にならずに残ること、そして食べていけるまちに戻ることを考えます

「重層的な津波避難対策の展開」シンポジウム

仙台市では東日本大震災での甚大な津波被害を踏まえ、「津波避難施設の整備に関する基本的考え方」をまとめ

「震災とコミュニティと建築」シンポジウム

「みんなの家」の意義や、人々や復興に果たした役割、コミュニティと建築の関係を一緒に考えてみませんか。

シンポジウム「高齢者と防災」

高齢者の災害に対するレジリエンス(回復力)をテーマに、支援団体の活動事例の紹介などを通して、高齢者の生きがいづくり・健康づくりの新しい方策を、仙台から提案していきます。

災害時における支援調整の仕組みを考える
~新たな官民連携・コーディネーション機能構築に向けて〜

日本の災害対応の課題を解決するためには、産官学民の連携と支援調整が不可欠であり、JVOADがその調整役としての機能を構築する。このフォーラムは、国内の連携調整の仕組みづくりについて提案し協議することを目的として開催する。

『東日本大震災と持続可能な防災教育シンポジウム』

東日本大震災の教訓を活かした防災教育の実践についてのシンポジウム。ユネスコが提唱するESDの中心課題

【市民協働と防災テーマ館】
仙台発そなえゲーム
~仙台市市民協働提案制度により開発~

仙台市と協働で開発した「仙台発そなえゲーム」。防災・減災について、楽しく学べます。

子どもと芸術 心の復興
~落語会&トーク~

落語とパネルトークを楽しみながら、子どもに文化芸術を届けることの役割と可能性を考えます。

【市民協働と防災テーマ館】
防災教育の取り組み
「防災エンスショー」と「ドキュメンタリー映画」

新しい防災教育の取り組みである「防災エンスショー」や、適切な判断で避難を誘導した小学校のドキュメンタリー映画の上映。

【市民協働と防災テーマ館】
伝える学校発表会

仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」は、市民の皆さんひとりひとりが伝える視点をもって発信していくことを目的として、市民団体との協働により進めているプログラムです。