pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

市民

企業と市民参加によるコミュニティ・レジリエンス構築

防災分野への企業の積極的参加や、企業との連携は、防災力向上のために重要な要素である。先進国と途上国と

30 years of the National System of Civil Protection in Mexico

環境・原発災害と防災に関するシンポジウム

福島事故が問いかけているものに、仙台開催の国連防災世界会議の折だからこそ真摯に向き合いたい

「震災とコミュニティと建築」シンポジウム

「みんなの家」の意義や、人々や復興に果たした役割、コミュニティと建築の関係を一緒に考えてみませんか。

民間連携で進める今後の防災・復興支援活動(日本モデル)のあり方
~東日本大震災での取り組みと学びから~

東日本大震災では、企業が発災直後から継続的に、多様な支援活動を展開し重要な役割を担いましたが、そ

【市民協働と防災テーマ館】
笑顔でつながる「杜の子まつり」報告と「心のケア講座」

被災地支援事業「杜の子まつり」報告と小児科医による「心のケア講座」を聞き、「心の防災」を考えよう!

「あの日のこと」から「いつか来る日」を考える~市民力が発揮された支援と復興への歩みから学ぶこと~

市民力が発災直後そして復興にどのように役立ってきたのかを伝え、予想がつかない大災害に向けて必要なこと

【女性と防災テーマ館】
フォトボイスとアーカイブ:多様な災害の記録と発信を防災に役立てる

東日本大震災で被災した女性たち、NPO(フォトボイス・プロジェクト)、国(国立女性教育会館女性アーカ

【女性と防災テーマ館】
災害に強い社会づくり
~男女共同参画の視点を根づかせる~

被災者支援における多様性の配慮が重要視されつつあります。しかし、日常における関係者の意識・組織体制などが変わらなければ、男女共同参画の視点を実践につなげることはできません。どうすればこれを現場に定着させることができるのか、各地の取り組みを通じて、具体的な方策を探ります。

Disasters and displaced persons

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

シンポジウム「高齢者と防災」

高齢者の災害に対するレジリエンス(回復力)をテーマに、支援団体の活動事例の紹介などを通して、高齢者の生きがいづくり・健康づくりの新しい方策を、仙台から提案していきます。

都市間協力によるコミュニティの災害対応能力向上
~アジア太平洋地域における横浜のイニシアチブ~

横浜市では2012年より、フィリピン共和国のイロイロ市の防災の取組に協力しており、消防職員などを

【市民協働と防災テーマ館】
伝える学校発表会

仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」は、市民の皆さんひとりひとりが伝える視点をもって発信していくことを目的として、市民団体との協働により進めているプログラムです。

【市民協働と防災テーマ館】
仙台発そなえゲーム
~仙台市市民協働提案制度により開発~

仙台市と協働で開発した「仙台発そなえゲーム」。防災・減災について、楽しく学べます。

子どもと芸術 心の復興
~落語会&トーク~

落語とパネルトークを楽しみながら、子どもに文化芸術を届けることの役割と可能性を考えます。

【市民協働と防災テーマ館】
防災教育の取り組み
「防災エンスショー」と「ドキュメンタリー映画」

新しい防災教育の取り組みである「防災エンスショー」や、適切な判断で避難を誘導した小学校のドキュメンタリー映画の上映。

住民主体の災害復興と大学の役割
―東日本大震災の教訓と神戸・アチェ・四川との比較

被災者中心の安全まちづくりを実現するため何が課題であり、大学はどのような実践的役割を求められるのか。

多文化防災フォーラム~外国人市民と一緒に地域防災を考えよう~

ワークショップの体験等を通じて参加者どうしで多文化共生の視点に立った地域防災、まちづくりについて考えましょう

「縁側で『こんにちは』」プロジェクト—共有・共感・共生空間の創生—について

仮設住宅訪問活動の紹介をいたします。

暮らしと雇用の復興:
日本、ニュージーランド、フィリピンからの教訓

人々の暮らしを支える「仕事」を中心に、日本・ニュージーランド・フィリピンの事例を通して、災害からの復興を考える。