pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

宗教

災害時における市民連携の力
~真如苑救援ボランティアSeRVの活動を通して~

仏教教団を母体とする真如苑救援ボランティアSeRVは結成以来、様々な組織と連携し、被災者に寄り添う支援に取り組んでまいりました。 SeRVの拠点である真如苑の各施設では、非常食等備蓄し、一時避難者の受け入れ、ボランティアセンターとして施設を活用するべく、自治体等と災害協定を結んでいます。以上より、諸団体との連携内容を紹介し、災害時における市民連携の力の有効性を訴えます。

震災と宗教者の役割

東日本大震災における犠牲者の弔い、慰霊祭、被災者を対象とする傾聴活動といった宗教者の活動を踏まえて、

「防災と宗教」シンポジウム

東日本大震災の対応において宗教者は、避難所の提供やコミュニティ再生、心のケア、地域防災計画の策定等、

北東アジアのレジリエンス強化のための防災協力

日本・中国・韓国の3か国の市民社会の代表および日中韓3国協力事務局が、同地域における防災のための協力について論じ合う

Community based DRR from a faith-based perspective – sharing best practices

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

多文化防災フォーラム~外国人市民と一緒に地域防災を考えよう~

ワークショップの体験等を通じて参加者どうしで多文化共生の視点に立った地域防災、まちづくりについて考えましょう

東北青年復興フォーラム防災・復興における「青年力」

防災・復興を進める上で「青年が地域に根ざしていない」という課題がある。「東北青年復興フォーラム」では