pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

放射能

原発事故から4年
~福島の学びと地域づくりへの道
:地元NPOの視点から

原発建設の経緯から事故の後起きたことを地元NPOの視点から振り返り、原発に依存しない地域づくりを考えます。

「原子力害に伴うリスク・コミュニケーションと心のケア」シンポジウム

2011年3月11日、東日本大震災が起こり、原子力発電所が事故を起こした。事故の影響は甚大であり、放

Health and human rights : questions about nuclear accidents

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

国際シンポジウム 
複合災害からの復興と災害復興学の確立

本シンポジウムは、福島大学が実施している災害復興の学術体系確立を目指した研究プロジェクト「東日本大震

巨大災害に対する保健医療の備え

巨大災害では避難後もこころとからだの健康は大きな被害をうけます。保健・医療の備えを議論します。

福島県医大の原発事故への対応と事故後の福島県民の健康

世界の防災当局者などに対し、福島県立医科大学が原発事故直後にどのように対応したか、その後の福島県民健

原子力防災と自治体の役割
~その教訓と課題~

福島原発事故の教訓を踏まえ、今後の世界の防災戦略を立てる際、原子力災害への対応を考えることは不可

災害ロボットの社会実装:
これまでの実績と未来へのチャレンジ

災害ロボットおよび関連システムの適用実績と,将来の減災に対するチャレンジについて議論を行う.

市民参加による原子力災害の予防と対応

原子力災害の防災・減災に関わる国内外の関係者を招き、地域社会での防災・減災に市民が参画する仕組みについて紹介し、検討します。