pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

自治体

【市民防災世界会議:セッション8】
地域力を支えるコーディネーション

日本でも海外でも、災害対応の現場で被災地の地元の力をきちんと活かすのは難しい課題です。日本・フィリピン・ミャンマーの事例から、地域の力の引き出し方を話し合います。

【市民防災世界会議:セッション6】
日本の災害復興②東北復興・防災まちづくり会議

セッション5の内容を踏まえ、東北復興・防災まちづくりに関わる市民がそれぞれの取り組みや課題を話し合う情報交換・意見交換の場です。

【市民防災世界会議:セッション5】
日本の災害復興① 国内の大規模災害からの復興を振り返る

神戸、中越、奥尻、三宅島、東日本。それぞれの被災地を経験したパネリストが将来の災害に向けた課題と教訓に迫ります。

東北観光の課題と今後の方策

東日本大震災から4年あまりが経過した今、改めて観光の専門家の方々をお招きし、東北観光の課題と今後の方

男女共同参画・多様な視点からの防災実践講座

東日本大震災の教訓として,男女のニーズの違いや多様な生活者の視点に配慮した防災・減災対策,地域住民の

シンポジウム より良い復興に向けて
-福島大学の挑戦と貢献-

うつくしまふくしま未来支援センターによる、震災と原発事故からの復興支援・研究活動について報告します。

Integrated Risk Governance and Government Roles

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Platforms for risk data sharing and participative governance, from national to local

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Developing Capacities for Effective Disaster Risk Management in Low-Income OIC Member Countries

OBJECTIVES: The side event aims to explore a numb

「文化財と防災」シンポジウム

東日本大震災津波により、岩手県太平洋沿岸では甚大な津波災害を被り、多くの文化財が深刻な被害を受けた。

Extending Best Practices in Early Warning Systems for Building Community Resilience

Nearly half of the Indonesian population lives in

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。

災害リスクから人々の健康を守る

The protection of people's health is central to

海岸地域のレジリエンスに関するグローバルな取り組み

災害からコミュニティーを守るためには今後何が必要なのか?活発な経済活動と住民の暮らしの質を維持しなが

【女性と防災テーマ館】
つながりを力に
~被災地の女性たちの声に応えた支援活動の広がり~

被災地の相談事業から広がる支援活動を紹介し,災害に強く安全で安心なまちづくりに必要なことを共に考えます。

セカイと学ぼう。市民のための防災会議へ!
市民防災世界会議 メインイベント

4日間にわたる「市民防災世界会議」の集大成。国際ゲストによる対談、メインシンポジウム、東北各地のパフォーマンスなど盛りだくさんの内容です。お楽しみに!

Disaster Risk Assessment for risk reduction governance

From DRR to Resilience in land
-use government policies
: proposals and actions at local level

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

復興の力:「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」づくりに向けて(高齢者・障がい者と防災)

2011年の大津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田市では、犠牲となった障がい者のうちおよそ9割が65歳

沖縄県観光危機管理への取組

観光地としての安心・安全を確保するという課題に対応するため、市町村、地域観光協会、観光業界等と連携し