pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

まちづくり

安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して:防災3.0

防災3.0:安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して

Dealing with Disasters: enhancing community resilience andmainstreaming disaster risk reduction into everyone’s agenda

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

災害時における支援調整の仕組みを考える
~新たな官民連携・コーディネーション機能構築に向けて〜

日本の災害対応の課題を解決するためには、産官学民の連携と支援調整が不可欠であり、JVOADがその調整役としての機能を構築する。このフォーラムは、国内の連携調整の仕組みづくりについて提案し協議することを目的として開催する。

子どもと芸術 心の復興
~落語会&トーク~

落語とパネルトークを楽しみながら、子どもに文化芸術を届けることの役割と可能性を考えます。

【市民協働と防災テーマ館】
伝える学校発表会

仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」は、市民の皆さんひとりひとりが伝える視点をもって発信していくことを目的として、市民団体との協働により進めているプログラムです。

都市間協力によるコミュニティの災害対応能力向上
~アジア太平洋地域における横浜のイニシアチブ~

横浜市では2012年より、フィリピン共和国のイロイロ市の防災の取組に協力しており、消防職員などを

【女性と防災テーマ館】
あるってだいじ
~災害時の男女共同参画センターの役割とは~

大規模災害の発生時、女性支援をすみやかに立ち上げるために、必要な視点、地域のネットワーク、人材などの資源を持っているのは、男女共同参画センターです。女性支援の拠点として、男女共同参画センターが担うべき役割を改めて確認し、センター同士が連携し相互に支援できる仕組みをスタートさせます。

住民主体の災害復興と大学の役割
―東日本大震災の教訓と神戸・アチェ・四川との比較

被災者中心の安全まちづくりを実現するため何が課題であり、大学はどのような実践的役割を求められるのか。

【市民協働と防災テーマ館】
仙台発そなえゲーム
~仙台市市民協働提案制度により開発~

仙台市と協働で開発した「仙台発そなえゲーム」。防災・減災について、楽しく学べます。

「縁側で『こんにちは』」プロジェクト—共有・共感・共生空間の創生—について

仮設住宅訪問活動の紹介をいたします。

多文化防災フォーラム~外国人市民と一緒に地域防災を考えよう~

ワークショップの体験等を通じて参加者どうしで多文化共生の視点に立った地域防災、まちづくりについて考えましょう

Community based DRR from a faith-based perspective – sharing best practices

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

脆弱性の高い多様な受益者による
防災主流化の取組み

潜在的被災当事者による防災と地域力について話し合う

Global Flash Flood Early Warning Program in Support of Local Disaster Risk Reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Building Resilience at the Local Level: Experiences from Indonesia and Japan

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Ina-DRI Indonesia-Disaster Recovery Index

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Mainstreaming DRR into Development through practical DM Planning at the Local Level: Lessons Learned from BNPB and JICA Initiatives in Indonesia

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

世界と日本の防災政策-津波や地震など大災害への備え

世界と日本の防災政策を津波や地震など大災害への備えの視点から皆さまと考えます

【市民協働と防災テーマ館】
伝える学校発表会

仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」は、市民の皆さんひとりひとりが伝える視点をもって発信していくことを目的として、市民団体との協働により進めているプログラムです。

ユニセフ・シンポジウム
レジリエントな社会を、子どもたちと

災害被災者の半数は子ども。しかし「あの日」、東北の避難所でおとなを支えたのも子どもたちだった。ユ