pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

IT

防災情報社会デザインを考える~ポスト2020を見据えて~

ロンドンオリンピック(2012年)やブラジルワールドカップ(2014年)における防災を中心とした安心

コミュニティとインターネットによる減災の未来

ネットユーザーパワーで減災はできるのか? インターネット時代の新たな減災の仕組みを見出していきます。

VLowマルチメディア放送による防災情報配信~新時代のファーストインフォーマーとして~

VLowマルチメディア放送が2015年から日本で始まる。この放送は各種情報を一斉配信する機能を有し、

災害時に人々の安全を確保するためにICT(情報通信技術)と地域FM放送はどのような役割を担うかを考えるシンポジウム

仙台を代表するIT企業群と東北大学IIS研究センターおよびFM仙台が共同で、災害時の安否確認ならびに

Accessible Broadcasting, Communication and Evacuation of Persons with Disabilities in an Emergency: A Planning Guide

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Developing Capacities for Effective Disaster Risk Management in Low-Income OIC Member Countries

OBJECTIVES: The side event aims to explore a numb

Web-based Platform to Share DRR Technology

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。

A DRR information and knowledge management system in France

SNS等民間情報を活用した防災対策

多発している局地的災害に対し、従来のセンシング技術による検知を補完するものとして、SNS等の民間情報

サイバー・フィジカル融合社会のレジリエント生活空間の創成ワークショップ

Big Data駆動のスマート・サイバーフィジカル融合社会システム、情報システム・サービスの常用性確

巨大災害に対する保健医療の備え

巨大災害では避難後もこころとからだの健康は大きな被害をうけます。保健・医療の備えを議論します。

Expert Symposium on Multi-Hazard Early Warning Systems and Services (MHEWS)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

シンポジウム「高齢者と防災」

高齢者の災害に対するレジリエンス(回復力)をテーマに、支援団体の活動事例の紹介などを通して、高齢者の生きがいづくり・健康づくりの新しい方策を、仙台から提案していきます。

安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して:防災3.0

防災3.0:安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して

シミュレーション・センシング・G空間情報の融合による減災力の強化

最先端のシミュレーション・センシング・地理空間情報(G空間情報)解析技術を統合して、地震・津波発生直

震災の経験をいかに東北は伝えるべきか?

東日本大震災発災から今日まで、私たち東北に住む者は様々な知見を得てきた。復旧・復興でも始めての体験す

気候変動による大規模自然災害~ビッグデータの活用によるリスクコミュニケーションへの展開~

気候変動による極端な異常現象は、年々増加の傾向であり、大規模な自然災害を引き起こす原因とされている。

災害急性期に被災地域内で情報支援を行う専門チームのワークショップ

災害急性期の情報支援活動・・・ITに関わる私たちが、「できること」、「すべきこと」を考えます

Flooding in Europe – new risks and strategies to build resilience

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。