pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

減災

Dialogue with Survivors for Prevention and Recovery- Earthquake, Tsunami, and Fukushim

How can we prepare our communities for natural and

Dialogue with Survivors for Prevention and Recovery- Earthquake, Tsunami, and Fukushima

How can we prepare our communities for natural and

3Dドキュメンタリー作品
「大津波3.11未来への記憶」上映

それぞれの土地にはいくつもの物語が残された。 震災直後から撮り続けた世界初の3D映像に被災地の魂が宿っている・・・。

【市民協働と防災テーマ館】
地域交流の「場」づくりをハードとソフトの両側面から

ベニヤ合板を組み立て造るセルフビルド建築をご紹介。ペットハウスを造って楽しく体験しよう!※通訳対応可

災害時における市民連携の力
~真如苑救援ボランティアSeRVの活動を通して~

仏教教団を母体とする真如苑救援ボランティアSeRVは結成以来、様々な組織と連携し、被災者に寄り添う支援に取り組んでまいりました。 SeRVの拠点である真如苑の各施設では、非常食等備蓄し、一時避難者の受け入れ、ボランティアセンターとして施設を活用するべく、自治体等と災害協定を結んでいます。以上より、諸団体との連携内容を紹介し、災害時における市民連携の力の有効性を訴えます。

【市民防災世界会議:セッション7】
コミュニティ・レジリエンス
~東日本および各国の事例から~

災害時に多くの命を救うには、平時の地域における「顔の見える関係」が大切です。コミュニティに根ざし、一人ひとりと向き合って活動する現地スタッフと地域防災を考える。

【市民防災世界会議:セッション6】
日本の災害復興②東北復興・防災まちづくり会議

セッション5の内容を踏まえ、東北復興・防災まちづくりに関わる市民がそれぞれの取り組みや課題を話し合う情報交換・意見交換の場です。

【市民防災世界会議:セッション3 】
防災・減災をシフトする。~気候変動と社会の変化~

気候変動で災害リスクが高まるなか、備えるべきは大規模災害だけではありません。気候変動の研究者と災害支援の経験者によるシンポジウム。

【市民防災世界会議:セッション1】
市民防災世界会議オリエンテーション

世界の災害対応や防災の基礎知識、国連防災世界会議の意義を解説。「市民防災世界会議」の目的や内容を紹介します。

東北観光の課題と今後の方策

東日本大震災から4年あまりが経過した今、改めて観光の専門家の方々をお招きし、東北観光の課題と今後の方

アジア太平洋地域の防災・減災の研究・実務者ワークショップ

アジア太平洋地域の若手・中堅の防災研究者・実務者が,各国における防災政策上の課題・研究の最前線につい

Building urban resilience for disaster risk reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

【女性と防災テーマ館】
女性の力で変革をー男女共同参画と災害リスク削減

国際的に通用するトレーニングプログラムを実現するため、議論を深め、国連に提出する提言にまとめていきます。

コミュニティとインターネットによる減災の未来

ネットユーザーパワーで減災はできるのか? インターネット時代の新たな減災の仕組みを見出していきます。

Disaster Inclusive Disaster Risk Reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Developing Capacities for Effective Disaster Risk Management in Low-Income OIC Member Countries

OBJECTIVES: The side event aims to explore a numb

Platforms for risk data sharing and participative governance, from national to local

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。

海岸地域のレジリエンスに関するグローバルな取り組み

災害からコミュニティーを守るためには今後何が必要なのか?活発な経済活動と住民の暮らしの質を維持しなが

Establishment of a Basic Range of Disaster-Related Statistics in Asia and the Pacific

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。