pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

復興

Dialogue with Survivors for Prevention and Recovery- Earthquake, Tsunami, and Fukushim

How can we prepare our communities for natural and

Dialogue with Survivors for Prevention and Recovery- Earthquake, Tsunami, and Fukushima

How can we prepare our communities for natural and

3Dドキュメンタリー作品
「大津波3.11未来への記憶」上映

それぞれの土地にはいくつもの物語が残された。 震災直後から撮り続けた世界初の3D映像に被災地の魂が宿っている・・・。

【市民協働と防災テーマ館】
地域交流の「場」づくりをハードとソフトの両側面から

ベニヤ合板を組み立て造るセルフビルド建築をご紹介。ペットハウスを造って楽しく体験しよう!※通訳対応可

【市民協働と防災テーマ館】
多様な人々が互いに尊重しながら暮らしていくには
~多様な性の当事者たちと東日本大震災~

<トークイベント>多様な人々が互いに尊重しながら暮らしていくには ~多様な性の当事者たちと東日本大震災~

災害時における市民連携の力
~真如苑救援ボランティアSeRVの活動を通して~

仏教教団を母体とする真如苑救援ボランティアSeRVは結成以来、様々な組織と連携し、被災者に寄り添う支援に取り組んでまいりました。 SeRVの拠点である真如苑の各施設では、非常食等備蓄し、一時避難者の受け入れ、ボランティアセンターとして施設を活用するべく、自治体等と災害協定を結んでいます。以上より、諸団体との連携内容を紹介し、災害時における市民連携の力の有効性を訴えます。

【JICA:東北と途上国の国際協働で生まれる新しい社会】
第3弾「東北・若手企業家発 アジアとの協働による新しい社会モデルを目指して!」

東北・若手起業家発アジアとの協働による新しい社会モデルを目指して!

【市民防災世界会議:セッション7】
コミュニティ・レジリエンス
~東日本および各国の事例から~

災害時に多くの命を救うには、平時の地域における「顔の見える関係」が大切です。コミュニティに根ざし、一人ひとりと向き合って活動する現地スタッフと地域防災を考える。

【市民防災世界会議:セッション5】
日本の災害復興① 国内の大規模災害からの復興を振り返る

神戸、中越、奥尻、三宅島、東日本。それぞれの被災地を経験したパネリストが将来の災害に向けた課題と教訓に迫ります。

【市民防災世界会議:セッション4 】
世界と日本の語り部と考える“復興”

震災から20年の神戸、10年のインドネシア、4年の東北。それぞれの立場で情報発信に取り組む語り部と“復興”を考える。

【市民防災世界会議:セッション1】
市民防災世界会議オリエンテーション

世界の災害対応や防災の基礎知識、国連防災世界会議の意義を解説。「市民防災世界会議」の目的や内容を紹介します。

【女性と防災テーマ館】
災害復興時の女性の活躍 ~地域経済再生の視点から~

東日本大震災後の復興過程にて、女性ならではの視点からの起業及び復興への貢献事例が多く見られた。我が国

東北観光の課題と今後の方策

東日本大震災から4年あまりが経過した今、改めて観光の専門家の方々をお招きし、東北観光の課題と今後の方

【女性と防災テーマ館】
女性の力で変革をー男女共同参画と災害リスク削減

国際的に通用するトレーニングプログラムを実現するため、議論を深め、国連に提出する提言にまとめていきます。

シンポジウム より良い復興に向けて
-福島大学の挑戦と貢献-

うつくしまふくしま未来支援センターによる、震災と原発事故からの復興支援・研究活動について報告します。

在日イタリア人による支援組織「ITALIANSFORTOHOKU」の陸前高田市への復興支援活動の現状報告と今後の計画

在日イタリア人による支援組織「ITALIANS FOR TOHOKU」が岩手県陸前高田市で行ったさま

Developing Capacities for Effective Disaster Risk Management in Low-Income OIC Member Countries

OBJECTIVES: The side event aims to explore a numb

原発事故から4年
~福島の学びと地域づくりへの道
:地元NPOの視点から

原発建設の経緯から事故の後起きたことを地元NPOの視点から振り返り、原発に依存しない地域づくりを考えます。

東日本大震災への対応・復旧及び今後の課題等について

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、私達の事業エリア内に甚大な被害を及ぼし、鉄道施設に関し

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。