pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

企業

【JICA:東北と途上国の国際協働で生まれる新しい社会】
第3弾「東北・若手企業家発 アジアとの協働による新しい社会モデルを目指して!」

東北・若手起業家発アジアとの協働による新しい社会モデルを目指して!

災害に強い社会を創るために ~企業の視点から~

第一部では、地域性、業種、規模等を踏まえた企業における自然災害の対策のポイントと防災・減災の観点での

東北観光の課題と今後の方策

東日本大震災から4年あまりが経過した今、改めて観光の専門家の方々をお招きし、東北観光の課題と今後の方

コミュニティとインターネットによる減災の未来

ネットユーザーパワーで減災はできるのか? インターネット時代の新たな減災の仕組みを見出していきます。

企業防災体験コーナー ~BCP(みやぎモデル)を体験しよう~

企業防災活動に関する様々なメニューをご体験いただきます。 ①拠点リスク評価(住所から個別に拠店リスク

東日本大震災への対応・復旧及び今後の課題等について

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、私達の事業エリア内に甚大な被害を及ぼし、鉄道施設に関し

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organizationは3月17日午前9:00-12:00に、仙台で開催される第3回国連防災世界会議に参加し、ワークショップを開催します。ご参加をお待ちしております。

土木防災シンポジウム―強靭なライフラインシステムの構築を目指して―

ライフラインは、災害によってその機能が失われた場合、国民生活に深刻な影響を及ぼすばかりでなく、長期的

建物防災シンポジウム~拠点建築物の機能継続~

東日本大震災等の経験から、災害拠点の非住宅建築物は、被災後に機能継続する事を期待される。一方、非住宅

東日本大震災からの復興まちづくりと今後の防災対策

東日本大震災の教訓を踏まえ、被災地における復興、防災対策の取り組みを紹介する。地域コミュニティーに配

【女性と防災テーマ館】
復興に向けて動く企業の女性たち

東日本大震災では、被災地企業の活動が地域の復興に大きく貢献しました。とりわけ女性たちがそれぞれの視点で行った取り組みは、企業や被災地に大きな力をもたらしました。事例発表を通して、平常時から組織において女性の活躍を推進していくことの意義を考えます。

企業と市民参加によるコミュニティ・レジリエンス構築

防災分野への企業の積極的参加や、企業との連携は、防災力向上のために重要な要素である。先進国と途上国と

ジュネーブ協会第3回国連防災世界会議パブリックフォーラムイベント「問題解決と被害軽減に向けて保険が果たす役割」

ジュネーブ協会は、これまで研究者等と連携し、巨大災害と気候リスクに関する知見を蓄積してきた。本イベン

日本の事業継続マネジメントの現状と今後~東日本大震災も踏まえて~

第一部では、東日本大震災等の教訓を活かした企業の事業継続マネジメント(BCM)の導入・改善の国内外で

震災発生時に求められる企業の行動と役割(仮)

公益社団法人経済同友会と仙台経済同友会によるタイトルをテーマとした基調講演とパネルディスカッションや

東日本大震災における高速道路早期復旧と災害対応力の更なる強化

高速道路の復旧スピードに国内外から多くの驚きと称賛の声を頂いた東日本大震災での迅速な災害復旧は、どの

レジリエントな社会を実現する金融イニシアティブ~災害リスク管理や災害発生後の復興における金融の役割~

東日本大震災等近年の災害事例を踏まえ、レジリエントな社会の実現のために金融機関が果たすべき役割を議論

民間連携で進める今後の防災・復興支援活動(日本モデル)のあり方
~東日本大震災での取り組みと学びから~

東日本大震災では、企業が発災直後から継続的に、多様な支援活動を展開し重要な役割を担いましたが、そ

自然災害に対する復元力のあるサプライチェーン設計に関する研究紹介

自然災害に対してレジリエンスを有するサプライチェーン(SC)について研究報告し、参加者と議論する。S

「震災とコミュニティと建築」シンポジウム

「みんなの家」の意義や、人々や復興に果たした役割、コミュニティと建築の関係を一緒に考えてみませんか。