pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

仙台

「復興支援インターン」に関するシンポジウム~東日本大震災からの復興に向けた学生・地域・行政の協働について~

復興大学災害ボランティアステーションが運営する「復興支援インターン」に関して、第1部では、「復興支援

次世代地域社会における交通システムの提案

東北地域は元々、集落が分散し過疎・高齢化が進行している上に、今回の震災で沿岸地域をはじめとして甚大な

漁業地域の津波防災シンポジウム

 東日本大震災により、沿岸域に位置する漁業地域は甚大な被害を受けた。現在、地域の漁業者とともに水産庁

水道減災シンポジウム ~みんなでつなごう命の水~

東日本大震災の経験を踏まえ、地域における相互協力による主体的な応急給水体制づくりなど、市民とともに進

日本大学N.国際救助隊 —大学の『知』で社会に貢献できること—

災害が起きたら現地に向かう救助隊という意味よりも、災害復興支援、教育支援、医療福祉支援に貢献できる教

命の水を守るために -地震に強い水道を皆で考えよう-(水道耐震化推進プロジェクト)

プロジェクトのこれまでの活動成果を踏まえ、水道施設の耐震化推進における広報活動の重要性並びに必要性等

アジア太平洋地域の防災・減災の研究・実務者ワークショップ

アジア太平洋地域の若手・中堅の防災研究者・実務者が,各国における防災政策上の課題・研究の最前線につい

災害に強い社会を創るために ~企業の視点から~

第一部では、地域性、業種、規模等を踏まえた企業における自然災害の対策のポイントと防災・減災の観点での

平成26年度防災シンポジウム・第10回災害に強いコミュニティのための市民フォーラム

震災の経験を風化させず、地域の力でまちを守るために、地域の様々な活動事例などをうかがいながら地域防災

VLowマルチメディア放送による防災情報配信~新時代のファーストインフォーマーとして~

VLowマルチメディア放送が2015年から日本で始まる。この放送は各種情報を一斉配信する機能を有し、

地域社会のレジリエンスとキャパシティ・ビルディング-被災地での岩手大学の実践と検証-

岩手大学は、震災直後から緊急対応、地域コミュニティの再生、防災教育・研究、なりわい再建の支援、防災・

災害に強くしなやかな社会の創造を目指して~防災研究の新たなパラダイムとファンディング機関の役割~

JSTでは2011年以前より、SATREPSやRISTEX等の事業で地震等に関する研究開発を継続的に

在日イタリア人による支援組織「ITALIANSFORTOHOKU」の陸前高田市への復興支援活動の現状報告と今後の計画

在日イタリア人による支援組織「ITALIANS FOR TOHOKU」が岩手県陸前高田市で行ったさま

コミュニティ・リーダーによる”パブリック・ナラティブ”

東日本大震災から4年経ち地域で暮らす市民がリーダーシップを発揮し事業を立ち上げコミュニティづくりを行

【東日本大震災総合フォーラム】
復興と防災を支える市民のちから

国連防災世界会議閉会式後に行われるこのセッションでは、国際センターで行われた本体会議の議論や国内外の

シンポジウム より良い復興に向けて
-福島大学の挑戦と貢献-

うつくしまふくしま未来支援センターによる、震災と原発事故からの復興支援・研究活動について報告します。

コミュニティとインターネットによる減災の未来

ネットユーザーパワーで減災はできるのか? インターネット時代の新たな減災の仕組みを見出していきます。

2015下水道防災シンポジウムin仙台

下水道に関わる防災・減災をテーマとしたシンポジウムを開催する。震災の経験と教訓を世界と共有するととも

災害と人間の安全保障

本フォーラムでは人間の安全保障の観点から災害を考察する。フォーラム第1部の基調講演では国内の被災地か

災害時に人々の安全を確保するためにICT(情報通信技術)と地域FM放送はどのような役割を担うかを考えるシンポジウム

仙台を代表するIT企業群と東北大学IIS研究センターおよびFM仙台が共同で、災害時の安否確認ならびに