pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

仙台

災害時における市民連携の力
~真如苑救援ボランティアSeRVの活動を通して~

仏教教団を母体とする真如苑救援ボランティアSeRVは結成以来、様々な組織と連携し、被災者に寄り添う支援に取り組んでまいりました。 SeRVの拠点である真如苑の各施設では、非常食等備蓄し、一時避難者の受け入れ、ボランティアセンターとして施設を活用するべく、自治体等と災害協定を結んでいます。以上より、諸団体との連携内容を紹介し、災害時における市民連携の力の有効性を訴えます。

【JICA:東北と途上国の国際協働で生まれる新しい社会】
第3弾「東北・若手企業家発 アジアとの協働による新しい社会モデルを目指して!」

東北・若手起業家発アジアとの協働による新しい社会モデルを目指して!

【市民防災世界会議:セッション9】
多様性と災害対応 ~障がい者・LGBT・ジェンダー・外国人の視点から~

災害時に支援から取り残されがちな多様なマイノリティーにスポットライトを当て、東日本大震災の経験から気付いた課題にどう立ち向かうべきかを考える。

【市民防災世界会議:セッション8】
地域力を支えるコーディネーション

日本でも海外でも、災害対応の現場で被災地の地元の力をきちんと活かすのは難しい課題です。日本・フィリピン・ミャンマーの事例から、地域の力の引き出し方を話し合います。

【市民防災世界会議:セッション7】
コミュニティ・レジリエンス
~東日本および各国の事例から~

災害時に多くの命を救うには、平時の地域における「顔の見える関係」が大切です。コミュニティに根ざし、一人ひとりと向き合って活動する現地スタッフと地域防災を考える。

【市民防災世界会議:セッション6】
日本の災害復興②東北復興・防災まちづくり会議

セッション5の内容を踏まえ、東北復興・防災まちづくりに関わる市民がそれぞれの取り組みや課題を話し合う情報交換・意見交換の場です。

【市民防災世界会議:セッション5】
日本の災害復興① 国内の大規模災害からの復興を振り返る

神戸、中越、奥尻、三宅島、東日本。それぞれの被災地を経験したパネリストが将来の災害に向けた課題と教訓に迫ります。

【市民防災世界会議:セッション4 】
世界と日本の語り部と考える“復興”

震災から20年の神戸、10年のインドネシア、4年の東北。それぞれの立場で情報発信に取り組む語り部と“復興”を考える。

【市民防災世界会議:セッション3 】
防災・減災をシフトする。~気候変動と社会の変化~

気候変動で災害リスクが高まるなか、備えるべきは大規模災害だけではありません。気候変動の研究者と災害支援の経験者によるシンポジウム。

【市民防災世界会議:セッション2】
2015年 環境・開発・防災が出会う年

貧困と開発、環境と持続可能な社会な社会、災害リスクと防災に関する3つの国際的な指針が見直されるポスト2015年の世界を考える。

【市民防災世界会議:セッション1】
市民防災世界会議オリエンテーション

世界の災害対応や防災の基礎知識、国連防災世界会議の意義を解説。「市民防災世界会議」の目的や内容を紹介します。

東北観光の課題と今後の方策

東日本大震災から4年あまりが経過した今、改めて観光の専門家の方々をお招きし、東北観光の課題と今後の方

「復興支援インターン」に関するシンポジウム~東日本大震災からの復興に向けた学生・地域・行政の協働について~

復興大学災害ボランティアステーションが運営する「復興支援インターン」に関して、第1部では、「復興支援

次世代地域社会における交通システムの提案

東北地域は元々、集落が分散し過疎・高齢化が進行している上に、今回の震災で沿岸地域をはじめとして甚大な

漁業地域の津波防災シンポジウム

 東日本大震災により、沿岸域に位置する漁業地域は甚大な被害を受けた。現在、地域の漁業者とともに水産庁

水道減災シンポジウム ~みんなでつなごう命の水~

東日本大震災の経験を踏まえ、地域における相互協力による主体的な応急給水体制づくりなど、市民とともに進

日本大学N.国際救助隊 —大学の『知』で社会に貢献できること—

災害が起きたら現地に向かう救助隊という意味よりも、災害復興支援、教育支援、医療福祉支援に貢献できる教

命の水を守るために -地震に強い水道を皆で考えよう-(水道耐震化推進プロジェクト)

プロジェクトのこれまでの活動成果を踏まえ、水道施設の耐震化推進における広報活動の重要性並びに必要性等

アジア太平洋地域の防災・減災の研究・実務者ワークショップ

アジア太平洋地域の若手・中堅の防災研究者・実務者が,各国における防災政策上の課題・研究の最前線につい

災害に強い社会を創るために ~企業の視点から~

第一部では、地域性、業種、規模等を踏まえた企業における自然災害の対策のポイントと防災・減災の観点での