pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.14(Sat)仙台

島嶼国のレジリエンス強化に向けて

開催日
2015.03.14 16:30 - 18:00
言語(同時通訳)
英語 (日本語)

世界銀行と防災グローバル・ファシリティ(GFDRR)、外務省は、気候変動や自然災害が島嶼国の人々、資産、生態系にもたらすリスクの軽減を図る「島嶼国強靭性強化イニシアチブ」の一環として、パブリック・フォーラム「島嶼国のレジリエンス強化に向けて」を開催します。気候変動や自然災害によって、島嶼国の経済活動が損なわれ、債務増加による財政圧迫をもたらすリスクがあります。島嶼国は、新規・既存の25を超える気候・災害強靭性基金から支援を受けており、援助受入側にとって大きなチャレンジとなっています。

本セミナーでは、気候変動と自然災害に対する強靭性を強化し、島嶼国への援助の細分化をいかにして軽減するかを取り上げます。

本セミナーでは、様々な島嶼国の代表から、開発計画・政策・戦略や投資に、気候変動・自然災害リスクへの対応を取り込むためのアプローチをご紹介いただき、細分化を防ぐためのメカニズムを議論します。ドナーや開発機関からは、気候変動・自然災害リスクを考慮した開発プロセスを策定し、支援の細分化を軽減するためのアプローチについてご説明します。また、特に弱い立場にある島嶼国において気候変動・自然災害リスクに対する強靭性を強化することにより、さらなる相乗効果を図ることについて考察します。

主要テーマ
1.各国における、気候変動・自然災害リスク管理のための融資をめぐる現在の状況
2.直面する課題
例:気候変動・自然災害リスクに対する強靭性強化のための援助の細分化、援助吸収能力の問題、債務の大きさに対するグラントの少なさ、気候変動リスクへの強靭性強化と防災の一貫性と相乗効果
3.課題の克服に向け、各国、ドナー、開発パートナーができる支援

スピーカー
・堀江正彦 外務省地球環境問題担当大使
・レイチェル・カイト 世界銀行副総裁 兼 気候変動特使
・島嶼国閣僚級代表

お申込み
参加をご希望の方は、お申込みフォームよりお申込みください(会場の都合上、事前登録をお願いいたします。当日参加可)。

会場
東北大学川内北キャンパス B104

テーマ
対象
一般
言語(同時通訳)
英語 (日本語)
予約
https://www.worldbank.or.jp/forms/031415_form.html
定員
150人
開催団体
世界銀行
関連リンク
島嶼国のレジリエンス強化に向けて
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。