pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.18(Wed)仙台

地域社会のレジリエンスとキャパシティ・ビルディング-被災地での岩手大学の実践と検証-

開催日
2015.03.18 09:30 -
言語(同時通訳)
日本語 (英語)

岩手大学は、震災直後から緊急対応、地域コミュニティの再生、防災教育・研究、なりわい再建の支援、防災・危機管理人材育成プログラムの開発などを実施してきた。復興支援活動の事例を提示し、震災復興に向けた被災地と大学との協働の歩みを紹介して、レジリエントな地域社会づくりについて参加者の皆様と議論し、ポスト2015フレームワークにおける被災地にある大学の役割を明確にしたい。

【講演】
開会挨拶:岩手大学学長/岩手大学三陸復興推進機構長
南 正昭(岩手大学地域防災研究センター長)/Arnold Howitt(ハーバード大学ケネディー政治大学院危機管理プログラム長)/近藤 哲生(UNDP駐日代表)/北後 明彦(神戸大学都市安全研究センター教授)/今村 文彦(東北大学災害科学国際研究所長) 他

テーマ
言語(同時通訳)
日本語 (英語)
開催団体
岩手大学
関連リンク
http://www.iwate-u.ac.jp
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。