pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.17(Tue)仙台

ワークショップ:国の災害管理に必要な、宇宙工学とデータ共有の新しい国際的枠組み

開催日
2015.03.17 09:00 - 12:00
会場
東北大学川内北キャンパス B200
言語
英語

この戦略的なワークショップの目的は、国連がリードする国際標準プラットフォーム、つまり国の災害管理と発展に強力なツールとして機能する能力があり、宇宙とデータセグメントの共有を可能にするUN Global-Satを形成することです。キーノートには国際連合宇宙局のディレクターである、Ms. Simona Di Pippo氏をお迎えします。

◆イベント詳細(英語)

The CANEUS (Canada-Europe-US-Asia-Africa) International Organization invites you to participate in this exciting and unique Workshop mandated to create a UN led Global common platform, UN Global-Sat that allows sharing of space and data segments with its ability to serve as a strong tool for nation’s disaster risk reduction needs.

The CANEUS Workshop will be launched with Keynote by Ms. Simona Di Pippo, Director, United Nations Office for Outer Space Affairs, UN-OOSA.
________________________________________
EXPECTED OUTCOME:

This historic undertaking, proposed collective CANEUS-UN/ISDR/OOSA effort, expects to define technical, policy, financial issues, and a frame public/private partnership implementation plan for the UN Global-Sat constellation contributing to the post-2015 framework for disaster risk reduction.

The UN Global-Sat is an opportunity for constructive engagement in space technology with nations worldwide that will increase partner’s capacity tailored to specific disaster management requirements.
________________________________________
WORKSHOP DETAILS:

Download Workshop Brochures:

________________________________________
PARTICIPATION:

Spaces are limited. To reserve your space,
please write to: undrr@caneus.org or mp@caneus.org
 
 
 

テーマ
言語
英語
定員
200人
開催団体
CANEUS International
関連リンク
http://www.caneus.org
CANEUS UN Global Sat Disaster Risk Reduction
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。