pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.17(Tue)仙台

障害者の視点からのコミュニティ全体で備える防災まちづくりへの提言~ポスト2015インクルーシブ防災

開催日
2015.03.17
言語(同時通訳)
日本語 (英語)

これまでの兵庫行動枠組や各国政府の防災計画・対策において、障害者の視点が十分だったとは言えず、東日本大震災でも大きな困難を抱えた.障害者等多様なニーズに対応した防災を推進するためには、災害弱者対応という特別なものではなく、コミュニティ全体で自然に備えておかなければ機能しない。そういった観点から、2015年以降のインクルーシブな防災のあり方について議論し、世界に向けて発信する。

【講演】
阿部 一彦(社会福祉法人仙台市障害者福祉協会理事長)/立木 茂雄(同志社大学大学院社会学研究科教授)/川北 秀人(日本財団 被災者支援拠点運営人材育成委員会委員長)  他

テーマ
言語(同時通訳)
日本語 (英語)
開催団体
仙台市(障害企画課)、日本財団、仙台市障害者福祉協会、障害者の減災を実現する仙台イニシアティブ研究会
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。