pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.17(Tue)仙台

サイバー・フィジカル融合社会のレジリエント生活空間の創成ワークショップ

開催日
2015.03.17 13:00 - 19:30
会場
仙台市民会館 会議室1
言語
英語

Big Data駆動のスマート・サイバーフィジカル融合社会システム、情報システム・サービスの常用性確保、災害対策Resilientモバイルネットワークについて議論します。

───────────────────────────────────
13:00-16:00 クライシスに強い社会・生活空間の創成
司会:国立情報学研究所 教授 曽根原登
───────────────────────────────────
■挨拶
「東日本大震災からの教訓」
仙台市役所 仙台市まちづくり政策局情報政策部 部長 今井建彦
■講演
「災害に強い町づくりにおける大学キャンパスのICT」
東北大学 教授 曽根秀昭
「緊急時における移動通信技術の有効活用」
㈱サイバーフィジカルシステム研究所 代表取締役 曽根高則義
「災害に強いバックボーンネットワークとアクセスネットワーク」
国立情報学研究所 教授 山田茂樹
「宿泊施設のWeb予約データを利用した災害復興状況の推定」
国立情報学研究所 特任研究員 一藤裕
「東日本大震災におけるデマ拡散行動の心理的要因」
国立情報学研究所 特任研究員 田中優子
「災害時に医療情報をどう共有し、医療材料・薬剤をどう確保するか」
高知医療再生機構 理事長 倉本秋
「被災地における大学の役割と震災後の取り組み」
石巻専修大学 経営学部 教授 湊信吾
───────────────────────────────────
16:30-17:30 パネルセッション Panel session
司会:国立情報学研究所 教授 山田茂樹
───────────────────────────────────
東京電機大学 未来科学部長・教授 安田浩
早稲田大学 国際情報通信研究科 教授 津田俊隆
統計数理研究所 副所長・教授 椿広計
───────────────────────────────────
18:00-19:30 デモセッション Demo session
───────────────────────────────────
「防災・減災のために何が出来るか?-ドコモの復興支援活動とポータブルSIMを活用した救命デモの紹介」
株式会社NTTドコモ 東北復興新生支援室 内藤 宣仁
株式会社NTTドコモ 移動機開発部 課長 渋谷 彰
「大規模災害においても通信を確保する無線アクセスポイント」
日本電気株式会社 山垣則夫
日本電気株式会社 木下峻一
「耐災害認証システムと安全で強靭なWi-Fiサービス」
東北大学 教授 曽根秀昭
東北大学 准教授 後藤英昭
「災害復旧用無線マルチホップネットワーク」
国立情報学研究所 博士研究員(DAAD) マティアス ヘルリッヒ
国立情報学研究所 教授 山田茂樹 委員

テーマ
言語
英語
開催団体
東北大学サイバーサイエンスセンター
日本学術振興会 先導的研究開発委員会 「クライシスに強い社会・生活空間の創成」
関連リンク
http://jsps-crisis.net/report/2015/02/3-3.html
http://www.wcdrr.org/conference/events/94
http://drr.tohoku.ac.jp/archives/600
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。