pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.15(Sun)仙台

母と子を守る危機管理-地域医療・保健における創造的協働による新しい取り組み

開催日
2015.03.15 17:30 - 19:30
言語(同時通訳)
日本語 (英語)

少子高齢化は、我が国をはじめとした先進国の大きな課題となっている。我が国に代表される医療先進国における災害対応は、示唆に富む先進事例としてグローバルに展開することが期待される。特に地域社会の復興を担う次世代を救護する取り組みにおいては、これまで、行政・医療・教育の連携により大きな改善がなされてきた。
本セッションは以下の3点につき、母子医療の視点から、東日本大震災の経験から得た知見と取組み、将来に向けた提案を行う。
1.東日本大震災における母子救護の課題とグローバルなシステム開発
2.地方自治体で進められている先進的災害時母子避難センター
3.地域における母子を守る災害シミュレーショントレーニング
これらの知見は、今後世界中のあらゆる先進国が直面する少子高齢化社会において、防災対策を検討する際にモデルケースとして大きな貢献をもたらすものである。

テーマ
対象
一般,専門家
言語(同時通訳)
日本語 (英語)
予約
http://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/7764
定員
200人
開催団体
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。