pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.15(Sun)仙台

住民主体の災害復興と大学の役割
―東日本大震災の教訓と神戸・アチェ・四川との比較

開催日
2015.03.15 09:10 - 12:00
言語(同時通訳)
日本語 (英語)

被災者中心の安全まちづくりを実現するため何が課題であり、大学はどのような実践的役割を求められるのか。本セッションは、阪神・淡路大震災を経験した神戸大学と東日本大震災被災地にある東北大学・岩手大学が連携し、アチェ津波のシャクアラ大学、四川地震の四川大学等と交流して得た成果を市民に還元し、実践的議論を喚起したい。

参加無料・要申込(当日参加も可能ですが、定員を超えるお申し込みがあった場合には、予約優先といたします。)

プログラム

開会あいさつ
東北大学災害科学国際研究所長 今村文彦
岩手大学地域防災研究センター長 南正昭
神戸大学震災復興支援・災害科学研究推進室長 根木昭
〈司会・コーディネーター〉 神戸大学都市安全研究センター長 北後明彦

第 一 部 テーマ:災害復興の教訓―東日本大震災・アチェ・四川
1. 東日本大震災からの復興計画プロセスに関する教訓
東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授 姥浦道生
2. 阪神淡路と東日本―コミュニティ再生
神戸大学大学院国際協力研究科教授 金子由芳
3. 四川地震復興6年の評価
中国・四川大学-香港理工大学災害復興管理学院執行院長・教授 顧林生
〈コメンテーター〉 カンタベリー大学法科大学院教授 エリザベス・トゥーミー

第 二 部 テーマ:被災地・被災者の復興と大学
1. 復興に向けた被災地における大学の役割
岩手大学地域防災研究センター・人文社会科学部教授 松岡勝実
2. 大災害の記憶と研究を伝えていく大学の役割
神戸大学大学院人文学研究科教授・同大学地域連携推進室室長 奥村弘
3. スマトラ津波10年の大学の役割
インドネシア・シャクアラ大学学長 サムスル・リザール
〈コメンテーター〉 コベントリ―大学経営・環境・社会学部講師 ユン-ファン・チェン

全体討論

閉会あいさつ
神戸大学震災復興支援・災害科学研究推進室 名誉教授 塩崎賢明

テーマ
対象
一般
言語(同時通訳)
日本語 (英語)
予約
http://sendai.rcuss-usm.jp/p/form.html
定員
300人
開催団体
神戸大学、東北大学、岩手大学(被災大学間連携)
関連リンク
公式サイト
Facebook
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。