pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.15(Sun)仙台

気候変動による大規模自然災害~ビッグデータの活用によるリスクコミュニケーションへの展開~

開催日
2015.03.15 18:30 -
言語
日本語

気候変動による極端な異常現象は、年々増加の傾向であり、大規模な自然災害を引き起こす原因とされている。気候変動のビッグデータの有効な活用は、研究だけでなく、住民や行政、メディアとの円滑な情報交流を生み出し、災害に対して自ら対処できる基盤となる。本ワークショップでは、気候変動によるBig Dataの活用と解析方法からリスクコミュニケーションへの展開について議論する。

【講演】
サミュエル・リー(アメリカ連邦政府エネルギー規制委員会検査官)/ジョセフ・パーク(アメリカ海洋気象庁・海洋学者)/リオン・ホールデン(アメリカ陸軍工兵隊・Civil Engineer土木学者)/ソラブ・パンデイ(GSI Environmental, Inc.・水資源モデリングコンサルタント)/キョンウォン・パーク(APEC 気候センター研究員)/ヨンヒ・シン(APEC 気候センター研究員)/ヨンチョル・シン(APEC 気候センター研究員/中谷 剛(独立行政法人防災科学技術研究所専任研究員)/王 勤学(独立行政法人国立環境研究所主席研究員)

テーマ
言語
日本語
開催団体
東北大学災害科学国際研究所
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。