pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.14(Sat)仙台

東南アジアにおける近年の大規模水災害から得られた教訓 
~命をいかに守るか~

開催日
2015.03.14 17:00 - 20:00
会場
東北大学川内北キャンパス C202
言語
日本語

近年の台風・洪水災害の規模・頻度が増加している。特に、『2011年タイ大洪水』、『2013年ジャカルタ洪水』、『2013年フィリピン台風ハイエン』の被害に代表されるよう東南アジアでの水災害が顕著である。本シンポジウムの目的は、上記代表的な災害の被害拡大要因、問題・共通点等を明らかにし、今後の減災に向けた対策等を世界に提言する事である。

【講演】
徳永 良雄(土木研究所ICHARM)/手計 太一(富山県立大学)/宮本 守(土木研究所 ICHARM)/マリテス・キンポ(フィリピン公共事業省)/ムハマド・ファリド(インドネシア バンドン工科大学)/ジェラルド・パラガス(フィリピンタクロバン市)

テーマ
言語
日本語
開催団体
東北大学災害科学国際研究所
関連リンク
チラシ
http://irides.tohoku.ac.jp/organization/risk/03.html
Share:
  • googleplus
  • linkedin
  • tumblr
  • rss
  • pinterest
  • mail

Comments

◆本サイトについて◆
本サイトは、第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会HPでの公開内容及び各パブリックフォーラム主催者より提供された情報に基づき、JCC2015が運営しております。各パブリックフォーラムの内容に関するお問い合わせは、各主催団体にお問い合わせください。