pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.17(Tue)

福島の復興と被災者の再建に向けて(専門家・研究者の連携と協働)

【市民協働と防災テーマ館】
災害後も人と動物が共に幸せに過ごすために

Integrated Risk Governance and Government Roles

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Building Effective Partnerships Towards Resilient Small Island Developing States in the Post-2015 World

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Disaster Inclusive Disaster Risk Reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

「文化財と防災」シンポジウム

東日本大震災津波により、岩手県太平洋沿岸では甚大な津波災害を被り、多くの文化財が深刻な被害を受けた。

Climate Services and Applications for Disaster and Climate Risk Management in Changing Environment

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Developing Capacities for Effective Disaster Risk Management in Low-Income OIC Member Countries

OBJECTIVES: The side event aims to explore a numb

Platforms for risk data sharing and participative governance, from national to local

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

被災地でのジオパークを考える~大地の災いと恵み~

自然科学教育と防災教育、日常的対策、遠隔地や後世への伝達や伝承の視点で、地域の特性と向き合っての意見

震災と宗教者の役割

東日本大震災における犠牲者の弔い、慰霊祭、被災者を対象とする傾聴活動といった宗教者の活動を踏まえて、

Working with Disabled Person Organizations

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Rethinking post-disaster response in Chile: educational, logistic and participatory challenges in developing contexts

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

DRR Investments and the Role of Insurance

Accessible Broadcasting, Communication and Evacuation of Persons with Disabilities in an Emergency: A Planning Guide

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

科学と実践的防災学〜防災における大学の役割とは〜

近年、学術的研究結果や、最新の科学・技術、情報データを基にした政策立案の必要性が高まっている。特に、

原発事故から4年
~福島の学びと地域づくりへの道
:地元NPOの視点から

原発建設の経緯から事故の後起きたことを地元NPOの視点から振り返り、原発に依存しない地域づくりを考えます。

Understanding Disaster Resilience: A Reality Check

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

蒲生に楽しい防災公園を(仙台市)

仙台の高校生たちが、仮設住宅の方のお話、住民集会の傍聴、大学の先生の講義、そして東京への視察などの学

海岸地域のレジリエンスに関するグローバルな取り組み

災害からコミュニティーを守るためには今後何が必要なのか?活発な経済活動と住民の暮らしの質を維持しなが