pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.16(Mon)

Enhancing Disaster and Climate Resilience in Tourism Destinations

Monday, March 16, 2015 | 17:00-20:00 | Tohoku Univ

国際シンポジウム 
複合災害からの復興と災害復興学の確立

本シンポジウムは、福島大学が実施している災害復興の学術体系確立を目指した研究プロジェクト「東日本大震

The Looking Beyond Disaster Youth Toolkit(on original submission” Youth Looking Beyond Disaster)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

災害科学国際研究所地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門-津波リスク研究と防災啓発活動-

2011年東日本大震災をきっかけに、東北大学災害科学国際研究所では、2012年の開所当初から東京海上

巨大災害後の復興
~人、コミュニティと計画~

本シンポジウムでは、自然災害後の復興過程で要となる「人」「コミュニティ」及び「計画」の要素に焦点を当

Effective Implementation of Recovery Plans and Programs: Bridging academic findings and country experiences

Building Resilience to Disasters and Climate Change for Sustainable Development in the Pacific.

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

ジュネーブ協会第3回国連防災世界会議パブリックフォーラムイベント「問題解決と被害軽減に向けて保険が果たす役割」

ジュネーブ協会は、これまで研究者等と連携し、巨大災害と気候リスクに関する知見を蓄積してきた。本イベン

Barcelona Resilience Experience

Health and human rights : questions about nuclear accidents

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Human Rights and Disaster Reduction

Actions on Engaging Private Sector in Recovery: Ensuring greater impacts of recovery programs at the community level

Chile – Earthquake & Tsunami Case Study

Scaling up grassroots women innovations for resilience

Gallery Walk and Panel on Grassroots Women's solutions for Resilience Bulding and the implementation of the HFA2

Health and large scale disasters
– An effective all-hazards approach to resilience

Much successful work has been done in the past few

Building an international alliance for integrated and resilient delta management.

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

復興の力:「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」づくりに向けて(高齢者・障がい者と防災)

2011年の大津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田市では、犠牲となった障がい者のうちおよそ9割が65歳

Gender perspective of Disaster Risk Reduction and Climate Change: Building the resilience of women

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Paris saved from the water(Paris sauvée des eaux)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

強風災害低減のための実大ストームシミュレータの必要性と有効性

世界の激甚風水害の数は近年著しく増加しており、温暖化、気候変動などの影響で、将来さらにこの傾向が顕著