pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.15(Sun)

U.S. Disaster Risk Reduction Initiatives- An Opportunity to Build Resilience

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

石巻市防災シンポジウム

本市では、平成26年4月1日に制定した石巻市防災基本条例において、毎年3月11日を含む7日間を防災週

Integrated Research on Disaster Risk: the Role of Science in Disaster Risk Reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Promising safer future for generation next

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

東日本大震災の被災地域でのグローバル安全学リーダー人材の育成

本シンポジウムでは、高校生、大学生、大学院生、研究者、実務者が、グローバル安全学の視点から将来の防災

医工学研究科医療機器創生開発センター-被災地からの新産業創出を目指して-

東北大学医工学研究科では医療機器創生開発センターを設立し、臨床ニーズを解決する工学的シーズのマッチン

JITU Pasna Post-Disaster Needs Assessment: Indonesia Experience

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

原発災害後の地域連携と復興への道のり:福島県相馬地方の健康対策から

福島第一原発事故後の健康問題は放射線被害に留まらない。原発に最も近い居住区である福島県相馬地方では以

Dealing with Disasters: enhancing community resilience andmainstreaming disaster risk reduction into everyone’s agenda

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Global Disaster Risk Assessment and Mapping

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

The Future We Want

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Systematic collection of disaster loss data as essential asset in DRM

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

新潟から東北へ、災害と復興の経験をつなぐ~地域で目指す「マルチハザードに対する多重防御の姿」~ 

日本は数多くの災害に見舞われ、その度に力強く立ち上がり新たな防災対策を打ち出してきた。東日本大震災を

Partners for Resilience: practical experiences from an integrated approach towards disaster risk reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

‘Hotel Resilient’ – Strengthening Resilience in the Tourism Sector

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

災害時における支援調整の仕組みを考える
~新たな官民連携・コーディネーション機能構築に向けて〜

日本の災害対応の課題を解決するためには、産官学民の連携と支援調整が不可欠であり、JVOADがその調整役としての機能を構築する。このフォーラムは、国内の連携調整の仕組みづくりについて提案し協議することを目的として開催する。

Beyond inclusion: Empowering women as leaders in disaster risk reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して:防災3.0

防災3.0:安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して

平成26年度 防災とボランティアのつどい (内閣府主催)~学べる、つながる、みんなで考える防災ボランティア~

災害時におけるボランティア活動の担い手を広げるため、防災ボランティア活動への関心を持つ幅広い層か

シンポジウム「高齢者と防災」

高齢者の災害に対するレジリエンス(回復力)をテーマに、支援団体の活動事例の紹介などを通して、高齢者の生きがいづくり・健康づくりの新しい方策を、仙台から提案していきます。