pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.14(Sat)

【市民協働と防災テーマ館】
伝える学校発表会

仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」は、市民の皆さんひとりひとりが伝える視点をもって発信していくことを目的として、市民団体との協働により進めているプログラムです。

地震保険フォーラム「大震災の後に…」~見て、聴いて、話して、大震災後も続く生活について考えよう!~

前半は、被災地の子供たちを沖縄に招待する活動などをしているモデルの知花くららさんに、実際に被災地を巡

震災から企業が立ち上がるために~被災3県における支援機関の活動を振り返りながら~

大災害を経験した産業支援機関として、何が企業経営の存続に必要かを実体験から伝える。支援活動を振り返り

環太平洋地域の津波災害痕跡・経験と知恵の継承

このフォーラムでは、環太平洋地域の先史・歴史津波による災害の教訓に焦点を当て、新たな知恵を世界に発信

震災復興における起業家の果たす役割

復興に起業家はどのような役割を果たし、今後果たさなければならないか。「復旧」から、「復興」へと変化し

ワールド・ユース・フォーラム~世界の青年と考えよう、身近な防災~

本フォーラムは、内閣府が行う青年国際交流事業の1つであるグローバルユースリーダー育成事業「シップ・フ

【女性と防災テーマ館】
東日本大震災に学ぶ大災害と子ども・子育て支援活動のあり方-宮城県子ども支援会議の事例から-

宮城県子ども支援会議は、子どもに関わる宮城県の教育・福祉担当部署と被災者支援団体で構成している会議。

【女性と防災テーマ館】
大震災から復興へ ~未来につなぐみやぎ女性のつどい~ 復興と防災は男女共同参画の視点で

東日本大震災発生後、避難所運営、物資、仮設住宅への支援及び原発事故、人体等の影響への対策等を行ってき

「防災・減災・復興への生態系の活用」~3.11の経験を世界へ未来へ~

サンゴ礁、湿原、森林等の生態系を活用した防災・減災・復興は長期的に見て経済的で、地域の暮らしと調和し

【女性と防災テーマ館】
東日本大震災の記憶「朗読のつどい~あの日、あの時、私の記憶~」

【講演】

【市民協働と防災テーマ館】
「防災ウォークラリー」自分のみんなの命を守るために

シンポジウム(基調講演、講話、公開対話)

建築に非常通信(BECS)フォーラム輻輳しない衛星電話とMCA無線を、会議室で使う仕組みと導入事例を紹介。

非常時の通信手段の確保が、速やかな初動の確保や減災に繋がるものと考えられるが、非常通信の整備や運用に

【女性と防災テーマ館】
トーク×トーク 女性たちのリーダーシップ

東日本大震災後、地域を見渡し互いにフォローし合う、女性リーダーのあり様が見えてきました。彼女たちに共通するのは、「大切なひとや仲間を守りたい」という思い。女性たち一人ひとりの思いと、従来型のリーダー像に捉われない、多様なリーダーシップや災害に強いコミュニティのあり方を、トークセッション形式で語り合います。

3.11被災地に暮らす外国人住民の声

東日本大震災を経験した宮城県に在住する海外出身者、特に津波被災地に暮らす外国人にとって「あの日」から

【市民協働と防災テーマ館】
TOMODACHIから宮城へ 宮城から世界へ

ドキュメンタリー映画
「逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者~」上映会

マスメディアでは断片的にしか取り上げられない、被災地の障がい者のさまざまな現実に迫ります。

【市民協働と防災テーマ館】
小さな命の意味を考える~あの日の大川小学校の校庭から学ぶもの~

地域の防災・減災のために民間金融機関が果たすべき役割

東北で初めて誕生した広域金融グループとして、東日本大震災後の復旧・復興へどのように取り組んでいるかに

大規模災害被災地への長期メンタルヘルス支援

東日本大震災から3年半が経過し、複合的な喪失体験と生活再建不安を持つ被災地住民へのメンタルヘルスケア

【市民協働と防災テーマ館】
国際NGOの東北支援談話ナイト
~地域とつくるコラボレーション~

2011年東日本大震災直後より現地入りし、被災された方々・地元NGO・支援団体・ 自治体等と連携、協働しながら、東北で支援活動を展開しているジャパン・プラット フォーム(JPF) & JPF加盟NGOの一般公開イベントに参加して、これからの支援や防災に 不可欠な、地域とのコラボレーションについて考えてみませんか?  当日は、各NGOの国内外の支援活動地のお菓子を用意してお待ちしております!