pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト

03.14(Sat)

島嶼国のレジリエンス強化に向けて

世界銀行と防災グローバル・ファシリティ(GFDRR)、外務省は、気候変動や自然災害が島嶼国の人々にもたらすリスクの軽減を図る「島嶼国強靭性強化イニシアチブ」の一環として、パブリック・フォーラム「島嶼国のレジリエンス強化に向けて」を開催します。

BHNの災害支援活動紹介

BHNが東日本大震災での被災者、地域へのテレコム利用を生かした支援を行った来ている。 アジア地区へ

Faith Based Organisations’ Reflection and Input to future DRR framework

Workshop/ Discussions and reflections on the role

【市民協働と防災テーマ館】
マザー・テレサ展「愛は微笑みから」

【市民防災世界会議:セッション3 】
防災・減災をシフトする。~気候変動と社会の変化~

気候変動で災害リスクが高まるなか、備えるべきは大規模災害だけではありません。気候変動の研究者と災害支援の経験者によるシンポジウム。

【市民防災世界会議:セッション2】
2015年 環境・開発・防災が出会う年

貧困と開発、環境と持続可能な社会な社会、災害リスクと防災に関する3つの国際的な指針が見直されるポスト2015年の世界を考える。

【市民防災世界会議:セッション1】
市民防災世界会議オリエンテーション

世界の災害対応や防災の基礎知識、国連防災世界会議の意義を解説。「市民防災世界会議」の目的や内容を紹介します。

Mobile Communications in a Disaster: What really happens

GSMA Disaster Response along with EMI host a works

Global Flash Flood Early Warning Program in Support of Local Disaster Risk Reduction

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

災害ロボットの社会実装:
現状,ギャップ,将来に向けてのアクションプラン

本シンポジウムでは,災害ロボットの現状,その社会実装に伴うギャップ,そのために行うべきアクションについて議論を行う.

東南アジアにおける近年の大規模水災害から得られた教訓 
~命をいかに守るか~

近年の台風・洪水災害の規模・頻度が増加している。特に、『2011年タイ大洪水』、『2013年ジャカル

災害ボランティアフォーラム

東日本大震災において各地に設置された災害ボランティアセンターと全国各地・海外から被災地に集結した災害

ModelVillageをつくろう 〜新しい農業と安心・安全で豊かな農村の姿を目指して〜

東日本大震災直後のエネルギー・物資の供給は困難を極めました。この経験を踏まえ、当センターの教育プログ

東日本大震災における復興祈念公園を考えるシンポジウム

東日本大震災から4年、多くの被災地で犠牲者への追悼と鎮魂、記憶と教訓の伝承等の場となる復興記念公園が

震災時のがん医療

東日本大震災の大規模被災県(宮城県と福島県)と隣接県(山形県と新潟県)における中心的な「がん」医療機

Global Program for Safer Schools

Private Philanthropy and Community-managed Disaster Risk Reduction: Roles and Opportunities in HFA2

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

東日本大震災における都市ガス復旧・復興の歩みシンポジウム

 東日本大震災における都市ガス復旧・復興の歩み、津波・地震対策等、震災の教訓を継承し、災害対策に活か

巨大地震が海の生態系に何をしたか?-現場の経験と科学調査の連携で進める災害復興への道-

TEAMS(東北マリンサイエンス拠点形成事業)では、東日本大震災により壊滅的状態となった東北地方太平

Building Resilience at the Local Level: Experiences from Indonesia and Japan

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。